保険料について

●健康保険料率

健康保険組合の保険料率は1000分の30から1000分の130までの範囲で、その健康保険組合の財政
状態に応じて、組合会で決められます。 また、事業主と被保険者の負担割合は折半となります。

●介護保険料率
*平成30年度より15.8へ変更となりました

社会保険診療報酬支払基金から、健保組合に加入している介護保険の第2号被保険者(本人と家族)
 の方の人数に応じて、 介護納付金の額が算定され通知されます。
 
健保組合は割り当てられた負担額を、40歳〜64歳の被保険者(本人)及び特定被保険者(40歳未満の
 被保険者【本人】で、40歳以上60歳未満の家族を扶養している方)の標準報酬の総額で割り、
 介護保険料率を算出します。
 
介護保険料率に各個人の標準報酬月額をかけたものが、介護保険料になります。
 事業主と被保険者の負担割合は折半となります。
 
介護保険料率は、介護納付金と第2号被保険者数をもとに算出される為毎年見直し、改定を行います。

日産自動車プリンス健康保険組合保険料率一覧表(平成30年3月分より)

事業主負担
本人負担
合計
健康保険
42.5/1000
42.5/1000
注)85.00/1000
介護保険
7.9/1000
7.9/1000
15.8/1000
合計
50.4/1000
50.4/1000
100.8/1000

注)一般(健康保険)保険料の区分について

健康保険料は「基本保険料」と「特定保険料に区分されます。 
※高齢者の医療を支えるための費用


平成30年度 一般保険料率内訳 (内訳の保険料率は毎年変わります)
基本保険料率
特定保険料率
本人負担【42.5/1000】
24.995/1000
17.505/1000
会社負担【42.5/1000】
24.995 /1000
17.505/1000
一般保険料率【85/1000】
49.99 /1000
35.010/1000

■保険料算出方法

保険料は各個人の標準報酬月額に、保険料率をかけて計算します。
例えば月額30万円の方の本人負担額は、以下のとおりです。

【一般の方】  <料率一覧表、本人負担欄参照>

(健康保険料)  300,000円×(42.5/1000) = 12,750円
(介護保険料)  300,000円×( 7.9/1000) = 2,370円
(本人負担計)  300,000円×(50.4/1000) = 15,120円


【任意継続の方】 <料率一覧表、合計欄参照>

(健康保険料)  300,000円×(85/1000) = 25,500円
(介護保険料)  300,000円×(15.8/1000) =4,740円
(本人負担計)  300,000円×(100.8/1000) = 30,240円

◆ 任意継続保険料の前納制度について

 ・希望により、一定期間分を前納(まとめて先払い)することができます。
  前納することにより、保険料が割引になります。

 保険料は、当健康保険組合までお問い合わせください

注意 任意継続の保険料は事業主負担分を含めた全額自己負担となります。
      

健康保険料・介護保険料一覧表

※平成15年4月から総報酬制が導入され、賞与(上限 年度累計573万円)からも一般保険料と介護保険料が徴収されています。
※40歳以上65歳未満の被保険者は、平成12年4月分より一般保険料と介護保険料が徴収されています。
※産前産後・育児休業期間中の保険料は事業主の申し出により、事業主負担分・本人負担分とも免除されます。

【平成30年度】任意継続被保険者の標準報酬月額の上限について

産前産後休業中の保険料について