ジェネリック医薬品について
 
 
医療機関で処方される薬には2種類あって、1つは特許が切れる前の薬で「新薬」といわれるもの。
もう1つは特許の切れた後の同じ効き目の薬で、これが今、注目されている「ジェネリック医薬品」と呼ばれる薬です。
価格は新薬の約2〜7割、平均すると半額くらいに抑えられ、家計の手助けにもなります。
医療費高騰がクローズアップされている現在、厚生労働省もジェネリック医薬品の導入促進に向け、全国の医療機関に呼びかけを行っています。
もちろんジェネリック医薬品の品質管理には、薬事法によって新薬と同じ効き目がある
ことを証明する試験が義務づけられています。
当組合では医療費抑制につながるジェネリック医薬品の普及を応援しています。
 

■お問い合わせ、詳細は日本ジェネリック研究会
URL:http://www.ge-academy.org/index.html
メールアドレス:info@ge-accademy.org

■普段、飲んでいる薬をジェネリック医薬品に変更したら
  どのくらい安くなるのか、調べるにはこちら↓↓↓
 GENERIC GUIDE(ジェネリックガイド)