特定健診・特定保健指導とは

平成20年度から、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した新しい効果的かつ能率的な健診・保健指導【特定健診・特定保健指導】が始まりました。対象は40歳から74歳までのすべての被保険者・被扶養者<配偶者・親等>であり、受診が義務となります。

■特定健診実施方法

被保険者
40歳〜74歳被扶養者
各会社で行われる健康診断が特定健診の代わりとなりますので、必ず受診してください。(年齢問わず全員) 健保組合独自の婦人科等を含めた特定健診を実施。

■特定健診必須項目・・・受診後、健診結果を階層化し、レベルに応じて特定保健指導を受けていただきます。

計測
身長・体重・腹囲・肥満度(BMI)
診察等
身体診察・血圧
血液検査
中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GT(γ-GTP)・空腹時血糖またはHbA1c
尿検査
尿糖・尿蛋白
問診
喫煙の有無・服薬歴等

*この他に健保組合独自の健診では、貧血検査・心電図・眼底検査・胃検査・ 大腸検査・乳癌検査・子宮癌検査があります。

■特定保健指導の対象者

@腹囲 A脂質 B血糖 C血圧 を測定。

@に加え、A〜Cのどれかひとつでもメタボ要注意レベルに当てはまった人は、特定保健指導の対象になります。
当てはまる項目の数によって、<積極的支援><動機付け支援>に内容レベルが分かれます。

■特定保健指導内容

指導対象者の方には、初回の面談から6ヶ月間、保健指導を実施してまいります。

☆積極的支援☆

初回面談 → 電話による支援 → 中間面談 → 電話による支援 → 最終評価面談 

☆動機付け支援☆

初回面談 → 電話による支援 → 電話による最終評価

 

特定保健指導は、病気を未然に防ぐのが目的で、発病リスクの高い人から指導対象となります。今までの生活を振り返り、メタボリックシンドロームの予防・改善に向けた指導を行います。

 

健診予約・申し込みはこちら