高齢者医療制度について


  ◆平成20年4月から、65歳以上の高齢者について、前期高齢者(65歳〜74歳)と後期
    高齢者(75歳以上)に分けた新たな高齢者医療制度が創設されました。
 
 

・後期高齢者医療制度では、保険料の徴収は市町村が、運営は都道府県単位の広

  域連合が行います。患者負担を除いた財源は、公費が5割、現役世代からの支援
  が4割、高齢者の保険料が1割となります。 現役世代からの支援は、国民健康保険、
  被用者保険それぞれの加入者数に応じます。
 
  ・前期高齢者医療制度では、65歳〜74歳の高齢者は継続して国民健康保険や被
  用者保険に加入します。 財源は、加入者数に応じて調整します。
  尚、平成26年度までは経過措置として、65歳未満の退職者を対象にして現行の退
  職者医療制度を存続させます。


医療費窓口負担が引き上げになります